ホイールアライメントとは

車のそれぞれのホイール(車軸)には、サスペンションによってさまざまな方向に大小の角度がつけられています。これらの角度を適正な状態にそろえる事をホイールアライメントといいます。
トー、キャンバー、キャスターなどがアライメントの基本角度です(本来はこれらを整列させることをアライメントと呼びました)。またアライメントの角度は、車両を使用するにあたって何らかの不具合が生じた場合に、その不具合を解消する、または低減することを目的として開発されています。

アライメントは、四輪自動車が出来るもっと以前から存在していました(大昔に、木の車輪を使った荷車の時代にすでに開発されています)。

1952年にアメリカのFMC社が世界ではじめてアライメントテスターを、世の中に送り出したことからわかるように、世界では古くからアライメント作業は一般的に行われています。そして現在の日本でも自動車を正常に走行させるために、アライメント作業が一般的に行われています。車は4つの車輪が適正な位置で的確に動作して、初めて本来の性能を発揮することが出来ます。そこで四輪トータルのホイールアライメントの測定が必要になります。

四輪のトータルホイールアライメントとは
単純に考えれば、自動車はハンドル(前輪)によって操舵されます。しかし推進方向/進んでいく方向(スラストライン)には、その車がFF車であってもFR車であってもリアアクスル(後軸)により決定されます。

自動車を左右真っ二つに分けるセンターラインがあるとします。リアアクスルが、正しい方向にセットされていれば、車の進む方向(スラストライン)はこのセンターラインと一致します。

しかし、もしリアのアクスルの方向が正しくない左右どちらかにセットされていれば、車の進む方向(スラストライン)はセンターラインを外れ、ずれている方向に進みます。フォークリフト(後輪操舵の車両)をイメージしてもらえば理解しやすいかと思います。
この進む方向"スラストライン"を測定·調整することを、四輪のトータルアライメントと呼んでいます。
今日では、アライメントといえば4ホイールアライメントの事を指すものだと思われがちですが、アライメントの測定·調整方法にもいくつかの種類があります。





電話によるお問い合わせは04-2968-9200まで。
予告なく仕様を変更する場合がございます。当社ウェブサイトのすべてのコンテンツの無断転載、引用禁止します。
Copyright © 2018 AMTECS CO., LTD. All Rights Reserved.