ホーム 最新情報 商品案内 通販 読み物 サポート 問い合わせ 会社概要

読み物

ホイールアライメントとは?

    四輪トータルホイールアライメント

アライメントの種類

  • フロントホイールアライメント
  • 4ホイールスラストラインアライメント
  • デラックス4ホイールアライメント

4ホイールアライメントの必要性

キャンバー

  • キャンバーの役割
  • キャンバーによる不具合

キャスタ

  • キャスタの役割
  • キャスタによる不具合

キングピン角

  • キングピン角度の役割

トーイン

  • トーインの役割
  • トーによる不具合

ホイールアライメント整備は
どんな時に必要?

  • いつ狂うのか?
  • 適切でないとどうなるのか?

ネット通販サイトから購入する
アムテックス“通販”

  • アライメント調整パーツを買う

アライメントショップリスト

  • 近くのアライメントショップを探す

SPCカタログ
アライメント調整パーツ

John Bean
アライメントテスタ

キャンバー

キャンバー

ホイールを上方からみると、一般に傾けて取り付けられており、垂直線との角度をキャンバーといいます。
上部が外側に開いていればプラス(ボジティプ)キャンバ一、逆に下部が開いているとマイナス(ネガティブ)キャンバーとなります。

キャンバーの役割

  • ステアリング操作力の軽減
    キングビン軸延長線の地面交点とタイヤ接地中心との距離をキングピン オフセットと呼んでいます。一般にオフセットが長くなればなるほどタイヤの向きを変えようとする時、より大きな力が必要となります(タイヤはキングビン軸を中心に旋回するため)。そこで、キャンバーをプラス側に設定することでオフセット値を小さくし、ステアリング操作力を軽減することができます。
  • 荷重時の適正キャンバー
    サスペンションの違いにより程度の差はありますが一般に荷重が加わるとキャンパーはマイナス側へずれます。そこで、あらかじめプラス側にキャンバーを設定しておくことで荷重時、タイヤが下開きになることを防げます。
  • 旋回性能の向上
    旋回時、外側のタイヤには大きな横荷重と縦荷重が加わります。そのため、キャンバーはプラス側に引き込まれ路面との接地性が悪くなります。そこで、あらかじめマイナス側にキャンバーを設定しておくことで、旋回性能の向上が図れます。マイナス キャンバーはFF車に多く見られます。

キャンバーによる不具合

  • 過度のキャンバー
    プラス側にキャンバーが設定されていればタイヤの外側が、逆にマイナスであれば内側が早く磨耗します。偏磨耗の防止という面から考えるなら、キャンバー−はゼロが最も適切ということになります。ただし、実用的には約1°以下の角度であれば大きな偏磨耗は発生しません。
  • 過度の左右差
    キャンバーの左右差が約30′を超えると、よりプラス側の方向へステアリングは流れます。ドライバーはこれをおぎなうため、常に反対側へステアリング ホイールを切ることになるため、ステアリング機構の磨耗を早めることになります。

次へ

株式会社アムテックス

 

ページ先頭へ
Copyright©2000 AMTECS Co., Ltd. All Rights Reserved.